リーダーとは、周りの人を元気にする人

佐々木常夫さんの「働く君に送る25の言葉」という著書が大好きです。
初めて読んだのは結構前だと思います。以来、何度か読みました。
その中で、僕が好きな箇所の1つである、佐々木さんのリーダー論。いくつかのセンテンスを同書から引用させていただきます。
「お会いして、すぐに心をつかまれました。人から好かれる人間性をもつ、極めて魅力的な方だったのです。彼女がいるだけで、その場の空気が和やかになるようでした。その生来の明るさが、多くの人を魅了したのは間違いありません。」
「彼女が小布施について語るときの真剣なまなざし。その言葉に込められた深い説得力。私は彼女と話しながら、いかに彼女が小布施を愛しているかを実感しました。そして、小布施に貢献したいと本気で考えていることがひしひしと伝わってきました。」
「そんなセーラさんのパッションあふれる姿に、周りの人たちは感動し、力になりたいと思ったのはではないでしょうか?
「私は、このような人こそ、「真のリーダー」なのだと思います。その人の存在そのものが、周りの人たちを元気にする。その人がいるだけで、周りの人にも自然とやる気が湧いてくる。そして、「また、この人と一緒に仕事がしたい」と思える。そんな人こそが、リーダーなのです。」
「君は、職場でリーダーシップを発揮できていますか?「いい仕事がしたい」「いい職場にしたい」と本気で思っていますか?」
「周りの人たちのやる気をかきたてる存在になれていますか?」
「少しだけ、自問してほしい。自分はリーダーたりえているか、と。」
このセーラさんのエピソードが大好きなんです😄
その人の存在そのものが、周りの人たちを元気にする。その人がいるだけで、周りの人も自然とやる気が湧いてくる。」というのは、リーダーたる人にもっとも求められる性質の1つです。
自分も、仕事や仕事外での取り組みを通して感じることがあります。
1人でできることは限られている」、ということ。
人の力を借りないとできないことがたくさんあります。そんなときに一番必要なのがリーダーシップ。
リーダーシップといっても、必ずしもみんなをグイグイ引っ張っていくとは限りません。もちろんそういうリーダーもいますし、素晴らしいことだと思います。「この人にならついていきたい!」と思わせるリーダーです。
他方、「ついていきたい」とは異なる感情、例えば「この人の一緒なら楽しい」「この人と一緒ならやる気が出る」「この人と一緒なら頑張れる」というのも、素晴らしいリーダーシップです。
その人の存在そのものが、周りの人たちを元気にする。その人がいるだけで、周りの人も自然とやる気が湧いてくる。」、そんな人間でありたいですね。
働く君に贈る25の言葉働く君に贈る25の言葉

コメント

タイトルとURLをコピーしました