"神を愛するという人が、隣にいる人を愛せないなんておかしい"

Queer Eyeのうち、大好きなエピソードの1つ。Tammyママの回。

母性の溢れるタミーママは、ファブ5に対してもその愛で包むように接します。そんなママに対し、ボビーはゲイであることを理由に教会から拒絶された過去を告白します。しかしママらとの交流を通して「キリスト教の全員が良い人だとは思えないが、良い人もたくさんいることを知った」と言います。

最後のシーンで、タミーママは、拒絶された過去を共有してくれたファブ5のこと、ゲイである息子が戻ってきてくれたことに言及しつつ、みんなに対して語りかけます。

“神を愛するという人が、隣にいる人を愛せないなんておかしい”

これはキリスト教の核心を示す、とてもとても大切な言葉だと思います。宗教とは、要するに、そういうことだと思うんです。

Queer Eye Heroes Mama Tammye and Yoko-San Meet For The First Time! | Netflix

コメント

タイトルとURLをコピーしました